2018年3月14日水曜日

JCAT/Intona USB Isolator を導入



先日書いた(こちら)、USBアイソレーター。色々と調べて、JCATのに決めました。一週間ほど前にポーランドから到着。早速取り付けて使っています。欧米のオーディオ・ネットマガジンや掲示板などで高く評価されたIntonaのIndustrial タイプUSBアイソレーター基盤のOEM供給を受けて、伝送確認のLEDを省き、アルミのケースにいれたもの。Intona基盤は既存のチップを使わず、独自にコーディングしたFPGAを使用。JCATはIntonaと値段はほぼ変わらず、ケースのシールド効果も期待できそうだったのでこちらに決定。JCATは、Windows用再生ソフトJPLAYの共同創始者が主宰する会社のようです。
使用されているIntonaのボード 「http://www.jplay.eu/ml_post_slider/jcat-usb-isolator/」 より引用

本来の業務がb-to-bの信号処理関連のエンジニアリング会社であるIntonaのサイトのUSBアイソレーターのページ(とくにFAQ)をご覧になると判ると思いますが、この基盤は測定結果などに基づいて技術的裏付けの製品で、様々な技術的情報も公開されていることもこれに決めた理由のひとつでした。

使い始めてまだ日は浅いですがとても良い感じです。USB2.0High-Speed対応なので、24/192非圧縮ファイルでも全く問題はありません。取り付けてすぐでも音に荒さを感じず、クリアーでよい感じ。情報量が増えたのか、音場・音像感が向上し、ボーカルなどは今までより高めの位置に聴こえるのも出てきました。

音源ファイルを保存している外付けSSD(Samsung 500GB SSD + Ratoc RS-EC22-U3Rケース)と MacMiniの間に入れて使っています。USBケーブルはSUPRAのUSB2.0ケーブルです。このアイソレーターなしではもう聴けません。そのぐらいはっきりとした違いが聴けます。

JCAT/Intona以外には、iFIオーディオの「iGalvanic 3.0」(こちら)も検討しましたが、僕にはUSB3.0は不要であるし、発売されて日が浅い商品であったので見送りました。JSPCさんブログに書かれていたHuMANDATAのUSB-029H2-RP(こちら や こちら)は、外付け電源が入れられるので、とても興味があったのですが、ヨーロッパから購入できる先が見つからず諦めました。

JCAT・Intonaに関しては既にネット上に詳しい情報が多くあるので省きますが参考になったリンクを以下に添付しますので御参照ください。


JCAT EUのHP:https://jcat.eu/featured/usb-isolator/

日本語のサイト:

「ゴンザエモンのオーディオ道探求」HP: 
http://www.ne.jp/asahi/gonzaemon/audio/diary37-11.html

JCAT日本語デスク:日本:http://www.jplay.info/jcat-usb-isolator

Intona日本販売元:http://www.aedio.co.jp/Intona/


欧米のINTONA(JCAT) USBアイソレーターレビュー(英語):

http://www.6moons.com/audioreviews2/intona/1.html

https://www.audiostream.com/content/intona-technology-usb-20-high-speed-isolator

http://www.tnt-audio.com/accessories/intona_usb_isolator_e.html




0 件のコメント:

コメントを投稿