2018年11月5日月曜日

Giuseppe Verdi Messa da Requiem Concert by Sir John Eliot Gardiner 、Orchester Reolutionnaire et Romantique、 Monteverdi Choir


このところ、ウィーンは日中気温が14~18度と時期ハズレの暖かさです。11月という感じがしません。

さて、先週の木曜日11月1日は、歯科矯正の治療で数日帰省していた次女とサー・ジョン・エリオット・ガーディナーのコンサートに行ってきました。会場は楽友協会大ホール。プログラムは、ジュゼッペ・ヴェルディのレクイエム。オーケストラはOrchester Reolutionnaire et Romantique (オルケストル・レヴォリューショネル・エ・ロマンティック) 、合唱はMonteverdi Choir(モンテヴェルディ合唱団) ソリストは以下の通り:Corinne Winters(soprano)、Ann Hallenberg(mezzo-soprano)、Edgaras Montvidas(tenor)、Gianluca Buratto(Bass)。

席が、前方であったこともあり、まず音の凄さに圧倒。音響スペクタクルです。で、それに慣れると、僕にとっては馴染みのない曲でしたが、その素晴らしさが伝わってきました。素人ながら、この曲はヴェルディの芸術家としての側面がとくに顕著に現れたもので、数多くあるオペラとはある意味で一線を画した作品ではないか、と思わされました。

ガーディナーによって設立されたオーケストラと合唱団は、正に彼の声・楽器であるかのように、一糸乱れぬ素晴らしい演奏。初めてライブで聴くこの曲が、彼らの演奏で良かったと思いました。

僕の中には、カーディーナーというと、バロックのオラトリオというイメージが強かったのですが、ロマン派の音楽を演奏してもすごいなあと再認識。

次女もとても面白かったようで、ニコニコ顔。二人で凄かったね、聴けてよかったねといいながら地下鉄で帰宅しました。

ガーディナー公式HP:https://monteverdi.co.uk/


翌朝、職場に向かう途中、ウィーン随一の目抜き通りのグラーベンではクリスマス・イルミネーションの取り付けが行われていました。 一年が過ぎるのはあっと言うまですね。



2018年11月1日木曜日

錦織圭 と ジュリアーノ・カルミニョーラ ・ Kei Nishikori and Giuliano Carmignola



先週末の日曜日(10月29日)は、テニス好きの友人が錦織圭がウィーンで開かれているエルステバンク・オープンに出ていると聞き、サイトを見るとチケットがまだ残っていたので急遽購入し、妻と二人で応援にいってきました。二人とも生まれてはじめてのプロテニス観戦。しかし、錦織は初めから対戦相手のケビン・アンダーソンに押され気味で、主導権を握れず、あっさりと敗退。残念。 会場では錦織を応援するファンの方がかなり多かったように見受けられました。



晩には、事前にチケットを入手していた、ジュリアーノ・カルミニョーラ と コンチェルト・ケルンのコンサートに二人でいってきました。会場は楽友協会大ホール、日本人バイオリニストの平崎真弓さんがコンサート・マスター兼リーダー。プログラムは以下の通り:


Evaristo Dall'Abaco: Concerto in D minor, op. 2/1

Charles Avison / Domenico Scarlatti : Concerto from "12 Concertos in Seven Parts" to harpsichord sonatas by Domenico Scarlatti D major No. 6

Johann Sebastian Bach:  Concerto for two violins, strings and basso Continuo D minor, BWV 1043

Antonio Vivaldi: Le quattro stagioni ("The Four Seasons")

観客の盛大な拍手に応えて、アンコールは 以下の2曲でした:
Antonio Vivaldi
Concerto in G minor, op. 8/2 (RV 315) - "L'Estate" ("The Summer") - 3rd movement (Presto)

Johann Sebastian Bach
Concerto for two violins, strings and basso continuo in D minor , BWV 1043 - 3rd movement (Allegro)

カルミニョーラは、前半のバッハ(BWV1043)から出演。 バッハは、独特の解釈でちょっと違和感がありましたが、ヴィヴァルディの四季は、物凄くよかった。 自由奔放に弾きまくるかのようにリードするカルミニョーラにしっかりとついてくるコンチェルト・ケルン。はじめてカルミニョーラの四季のCDを聴いたときの感激は忘れがたいものでしたが、この日演奏は比較できないほど、もっともっと良いものでした。


2018年10月27日土曜日

Dutch Design Week(オランダ・デザイン週間)2018


去年までは、学校で開かれていた作品展、今年からは1kmほど離れた牛乳工場の跡地に移りました。

先週末(10月19日〜22日)は、妻と二人でオランダのオランダ最大のデザイン・イベントと言われているDutch Design Week(オランダ・デザイン週間)に行ってきました。

主な目的は同イベント開催地であるのアイントホーフェン市にあるデザイン大学(Design Academy Eindhoven)の卒業生の作品展を見ること。同校を今夏卒業した長女の作品が展示されています。

子供が大きくなるのは早いですね。喜ばしい反面、ちょっと寂しい気持ちでもありました。

Dutch Design Weekに関するリンク:

http://www.ddw.nl/en/